HOME > ピックアップ > まち > 人々が多様に集える場所『ROOTH2-3-3』が大牟田市にOPEN!!
KIZUKI
かいんず

人々が多様に集える場所『ROOTH2-3-3』が大牟田市にOPEN!!

人々が多様に集える場所『ROOTH2-3-3』が大牟田市にOPEN!!
稲葉えみ

彼女のインスタグラムを
フォローしませんか?

インスタグラム

みなさん、はじめまして!

これからこちらで記事を書かせてていただくことになりました、稲葉えみと申します☺︎

普段は福岡の観光バス、オープントップバスのバスアナウンサーをしております!福岡市の方で主にお仕事をしていますが、大牟田市に在住しております☆なので今回は大牟田市に新しくできた、大注目!のお店をご紹介します!

2018.08.24 大牟田市にオープン‼︎

先月、大牟田市に煉瓦造りの建物『ROOTH2-3-3』がオープン!誰もが気軽に訪れられる場所として、ホスピタリティとコミュニケーションを軸に、ニューヨークのカフェをイメージし、淹れたてのコーヒーやカフェラテとともに、自家製のドーナツ、ホットドッグが楽しめます。

私もさっそく行ってみました!

大牟田駅から徒歩4分の場所に一際目を惹くように建ってました。築65年ほどになる、この建物は昭和20年代に配給制の米を保管するための倉庫として建設されたものだそうです。

お店の前にはお洒落な看板が!『ROOTH』には『ROOTS of THINKING(思い、考える、が根付く)』という意があり、その土地を表す意味で『2-3-3』の番地を店名に入れてあります。

嬉しすぎるサービスや工夫が沢山‼︎

お店に入るとエントランスのスロープを始め車椅子やベビーカーでも入店しやすいようにと設計されてます。

席に着くとお店の方が誌面とメニュー表を持ってきてくださいます。

この誌面にはびっしりと、こちらのお店のことが詳しく書いてあります!ぜひ皆さんにも読んでいただきたいです‼︎

こちらのお店は『コミュニケーションで人と人を繋ぐ』場として、店内には2人席をあえて置いてません。       またお客様同士のコミュニケーションのきっかけとなるように、煉瓦の壁には60種類の新聞ライブラリーや、お手洗いに続く壁には大牟田市の歴史を感じることのできるギャラリースペース、BGMに使用するアナログレコードをディスプレイしたコーナーも店内に設置してあります。

 

また、旅先案内人にもなるコンシェルジュが常駐したり、大学生手作りのコンシェルジュブックまでもが置いてあり、大牟田市の事を詳しく知っていただけることができます!

淹れたてのコーヒーと、こだわったオシャレな自家製ミニドーナツ、ホットドッグ!

左:BLACK&WHITE                                                 中央:ハンドドリップ                                               右:レモン&ローズマリー

コーヒー豆も大牟田の街に合うように豆から厳選されており、ソーダメニューのシロップも自家製にこだわっています!

16種類の自家製ミニドーナツとホットドッグ!見た目もとてもオシャレですが、生地もふかふかのパリパリで味も最高に美味しかったです!

またドーナツは一口サイズなので色々な種類を食べたい方にもオススメです(^^)

幅広い年層の方々で賑わう店内!

実際にお店には、幅広い年層の方々がいらっしゃり男性の方も入りやすいオススメの場所です!

ぜひ大牟田市に来ていただき、『ROOTH2-3-3』で美味しいコーヒを飲みながら楽しいお時間を過ごしていただきたいです(^^)

所在地:福岡県大牟田市不知火町2-3-3

大牟田駅から徒歩4分

Open:8:00〜19:00

定休日:水曜日      P 8台

PR USER

稲葉えみ
稲葉えみ
普段は福岡オープントップバスのバスアナウンサーをメインにMCなどをさせていただいてます。
また、調理師免許を取得しており、料理やお菓子作りが好きで、食べるのも大好きです♡

福岡県大牟田市の大牟田キューピッツ第1号としても活動していますので、ぜひ皆さんに福岡の魅力をたくさんお伝えできたらいいなと思います!

どうぞよろしくお願いします☆
かいんず
KIZUKI