HOME > ピックアップ > おでかけ > 博多座へ♡ あらしのよるに 歌舞伎初観劇..
KIZUKI
33
L
La Vita

博多座へ♡ あらしのよるに 歌舞伎初観劇..

博多座へ♡ あらしのよるに 歌舞伎初観劇..
arisa

彼女のインスタグラムを
フォローしませんか?

インスタグラム
912

みなさんこんにちは(*´ω`*)

大好きな秋が終わってしまって

季節は冬に突入しましたね*+。

ちょっぴり淋しいですが しっかり堪能して

私は芸術の秋を満喫してきました★..

あらしのよるに 歌舞伎の舞台に

1994年に出版され これまでにアニメ化、映画化、舞台化されるなど日本中で愛読される、きむらゆういち作の絵本「あらしのよるに」。映画で声優を務めた中村獅童さんを中心に2015年に新作歌舞伎として京都・南座で初演され、話題を呼んだ新作歌舞伎「あらしのよるに」がブラッシュアップし、博多座の十一月花形歌舞伎に登場しました。

主人公の「がぶ」を演じる中村獅童さんがテレビ番組で声優を務めたことが企画の始まりだという。現代の絵本で新作歌舞伎が作られたことも、動物のみが出演する歌舞伎としても初の試みだったそうです。

企画の発端について中村獅童さんは、「最初の出会いは、今から13~4年前、NHKのてれび絵本という番組で声優をやらせていただいた時です。その時に、母と『これは歌舞伎になるね』と話していました。それから2014年に母は亡くなりましたが、実は亡くなるずっと前に母が『いつか獅童が出し物(歌舞伎公演での大きな役)をできるようになったら、これは獅童にぴったりだからやらせてやってほしい』と企画書を書いて松竹の方に渡していたそうです。それを知ったのは、2015年京都・南座で本作を初演する直前 、母の遺言のようなものでもあり、母の意志を継ぐということでも、しっかりやらなくてと思っています」と母親の思い出と共に語っていました。

本作は数々の賞を受賞した、大ヒット絵本が原作。この作品を新作歌舞伎として製作する際に中村獅童さんは「古典にこだわりながら『あらしのよるに』の絵本の世界観を壊さないように作りました。新作歌舞伎というと、映像など新しい技術を使うと思われがちですが、この作品に関しては歌舞伎の古くからある表現にこだわっています。義太夫、長唄、歌舞伎ならでは踊り、立ち回り、歌舞伎のいいところが凝縮している新作歌舞伎です」と歌舞伎ならではの楽しみ方ができるように仕上げたそうです。

博多座では初の上演となる本作。博多座では通常の歌舞伎公演は未就学児童の入場はできないが、絵本が原作ということもあり、入場制限を4歳以上としている。「今回は4歳から観ることができますので、気兼ねなくお子様連れで来て頂きたい。ストーリーも解りやすいですし、僕もそうですが、子供の頃に観に行った映画や演劇は大人になっても思い出しますので、きっとその子たちが大人になった時に、小さい時にお母さんと歌舞伎に行ったなと思い出してくれたらうれしいですし、大人になって歌舞伎を観ようという気持ちになって頂けたら、この芝居を作った甲斐があるかなと思っています」と中村獅童さんは語っていました。

十一月花形歌舞伎 新作歌舞伎「あらしのよるに」は11月3日(土・祝)~27日(火)まで博多座にて公演していました 。

 

 

 

私自身 最後にあらしのよるにを読んだのは

小学生の国語の授業の時間でして 、

その時の記憶のままで( 怖いお話 )( 裏切り者のお話 )

こうインプットしたまま大人になっていました 。

それを歌舞伎という舞台を通し 五感で再び

あらしのよるにを体感した事で

小さな頃に感じた感情とは全く異なる感情が湧き

歌舞伎とゆう型で再び出会う事が出来て

とても有意義な時間になりました 。

その魅力を私なりにお伝えしたいと思います。

 

 

心臓が躍る感覚

初めての歌舞伎を観劇した私が一言で伝えるならば

心臓が躍る感覚だったなと思います。

日常生きていても五感に響き渡る出来事は貴重で 、

歌舞伎の表現は役者さん自身からも空気が流れていて

空気までもを創り上げている感覚でした。

あらしのよるにのストーリーは 、

友情や愛情を超えた感情がテーマであって

一言で述べられるものではないですが 、

誰かを想う気持ちは時に誰かを無敵にする事や

誰かは誰かの想いで生きている事や

この世界に 、ひとりぼっち はないのだと 、

刺さる思いで見惚れていました ////

 

 

可愛いコラボレーション

沢山の福岡を代表するお店が出店をしていて 、

あらしのよるにを一緒に盛り上げていました!!

各店舗さんは試飲に試食も沢山楽しませてくれたりと

お土産もとっても迷います♡

博多織などはもちろん 選り取り見取りでしたが

わたしが( 可愛いぃ♡ ) と目を引いたのはこちら↓

がぶとめいのパンです!

完売になる日ばかりで人気のお土産みたいでした♡

食べちゃうのが可哀想な気もしますね(;_;)♡

中でお昼をたべることも出来て 、

福岡の美味しいお弁当屋さんも沢山出店していて

舞台の合間の休憩時間にお昼を食べる時間もあり

お昼の心配はいりませんでした!

 

 

目を惹くフォトスポット

中村獅童さん演じるガブ

尾上松也さん演じるメイのパネルです!

記念に必ず写真を撮って帰りますよね♡

私もドキドキしながら一緒に撮りましたが ///

パネルと言えどやっぱり素敵な二人と目が合うのは

一人でドキドキしてました ///

可愛い被り物もあったりで盛り上がれました♡

 

 

 

歌舞伎と聞くと 敷居が高くて手を伸ばすのには

気持ちが縮こまってしまう様なイメージを私も持っていました。

ですが!全くそんな事はありませんでした(*´ω`*)

少し高級なホテルに来ている感覚で 、

中には親切なコンシェルジュの様な方が沢山居て

不安に感じる場面は全くなくて むしろとても親切に

中を案内までしてくれたりと安心しました♡

日本人に生まれたのだから一度は歌舞伎に触れたいと

ずっと思いながら生きて来て あらしのよるにをキッカケに

その夢が叶いました♡

 

私ごとな感想にはなりますが 、

少し悩み事があって 数日モヤモヤしていたのですが

あらしのよるに を観劇する中で 、

自分自身とも向き合える時間にもなり

涙を流させてくれた事で気持ちも楽になれて 、

ガブとメイの台詞はずっと頭に残ったままです。

とても素敵な時間になりました♡

これを最後にしたくないなと素直に感じて 、

歌舞伎の世界にとても興味を持った1日となりました 。

また観劇に行きたいと思います(*´ω`*)

 

私なんかは行っちゃダメな気がする、、

なんか準備とか大変なイメージだから、、、

そんな風に感じる人もきっと居るとおもいますが

その不安は一旦置いて 一度是非!

歌舞伎の世界を味わってみて欲しいです。

きっと私みたいに気分も晴れやかになって 、

素敵な時間を過ごせるはずです(*´ω`*)

是非とも!博多座へ♡

https://www.hakataza.co.jp/sp/

博多座↑ 公演中の情報も沢山載っていますよ♡

PR USER

arisa
arisa
☞ 美人時計 / fasme公式アンバサダー

La Vita を通して
福岡のときめくものをお伝えしていきたいと思っています 。

自分磨き頑張ってる子 、
おいしいものが好きな子 、
熱くなる大好きなものがある子
La Vita が女の子達の力になれます様に ..
(◡̈)/♥︎ ... ⠒̫⃝ ∵⃝ ⍢⃝ ⍤⃝  ⍨⃝ ◡̈⃝!!
ピックアップ一覧
KIZUKI
L
33
La Vita