HOME > くらし > ☆「角食」と「山食」☆ 食パンには二つの種類があるのを知っていますか??
LA VITA
友枝歯科クリニック
榎屋

☆「角食」と「山食」☆ 食パンには二つの種類があるのを知っていますか??

「食パンの豆知識」

今、高級食パンの専門店がいろんなところに出店してますね。コンビニでもちょっと前に高価格帯の高級食パンが販売されていましたね。

そんなブームになっている食パンですが、2つの呼び名があるのをご存知ですか?

食パンの形は大きく分けると2つあります。上部が山型(やまがた)になっているものと、もう一つは四角のものです。


山形食パン(山食)


角型食パン(角食)

山型になっているものを山型食パン。略して山食(やましょく)と呼びます。四角の食パンは角型食パン、略して角食(かくしょく)と呼びます。角食という呼び方は、一般的にはあまり知られていないので使われていませんが、パン業界ではふつうに使われている呼び名です。

一般的にはあまり知られていない角食という呼び名ですが、ある一部地域ではあたりまえのように使われています。

それは北海道です。なぜ北海道だけで角食の呼び名が浸透しているのかはわかりませんが、北海道では角食という呼び名は日常で当たり前に使われているんです。

うちのお店にも、北海道出身のA君というパン業界未経験の従業員がいるんですが、もちろんはじめから「角食」の意味を知っていましたよ。

そのAくんに「角食っていう呼び方は、パン業界と北海道でしか通用しないって知ってる?」と聞くと「そうなんですか?!」ってびっくりしてました。それだけ北海道では常識なんですね。

そんな角食と山食ですが、違うのは見た目だけ?

いいえ、味や食感もちがいがあります。

角食は一般的にリッチな配合で作られています。砂糖、バター、牛乳などたっぷり使用しており、焼き上がりは甘い匂いです。そのまま食べてもほんのり甘く、しっとりキメの細やかな内層でフワフワです。

山食はイギリス食パンともいわれ発祥はイギリス。一般的にリーンな配合(砂糖や油脂が少なめ)です。シンプルな塩味で気泡の大きな内層です。トーストするとパリパリ食感でひきのある噛み応え、小麦の風味感じられる食パンです。

この2種類の特徴を覚えておけば、パン屋さんで食パンを選ぶときに、食パンの形を見ると味のイメージができますね。山食だから塩味でモチモチ系かな、、、、、、、角食は甘くてふわふわかな、、、、、と言った感じで。

その日の気分で山食か角食を選べることができるのでパン通になれますよ。

最後に私、個人的なおすすめの食パンの食べ方は

角食はふわふわ食感を楽しみたいので、トーストせずに食べたいですね。サンドイッチ用として使用するのがおすすめ。ジャム、ピーナツバターなど甘めのものを塗って食べてもおいしいです。

山食はオーブントースターで軽くトーストするのがおすすめ。小麦の香ばしい香りとパリパリ食感がよみがえります。ベーコンや卵、ハムなど調理系具材がよく合います。

それぞれの特徴を知ることで食パン選びも楽しくなりますね、それではまた次回のコラムをお楽しみに。

Columnist

二日市 裕也
二日市 裕也

パン・ド・カイチ ブランジェ・カイチ オーナー
宮崎県小林市出身

大学で建築を学ぶ傍ら、博多の有名パン屋にて勤務
パン作りの魅力に出会う

就職活動を経て、再びパンの世界へ飛び込み、
個人店、スーパー、有名ホテルのパン部門など多くの
経験を積み、南区大橋に「パン・ド・カイチ」をオープン。
現在は高宮にも「ブランジェ・カイチ」をオープンし、
地元の皆様に愛されながらパン職人としての毎日を送る。

【メッセージ】
コラムの中では、パンの美味しい食べ方や、余ったパンを
一工夫して美味しく食べる方法、豆知識などを楽しく
お届けしたいと思います。
パンが身近に感じられるようなコラムにしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!
コラム一覧
LA VITA
榎屋
友枝歯科クリニック