HOME > くらし > 子どもでも、すぐに出来る!「片づけ」のコツ♪
イメージ
KIZUKI
大丸福岡天神店
リタの農園
体験プラス

子どもでも、すぐに出来る!「片づけ」のコツ♪

子どもでも、すぐに出来る!「片づけ」のコツ♪

心幸 恵子

286

こんにちは!住まいと暮らしの相談窓口「アトリエココ」オーナー恵子先生ことCOCO KEIKO(ココケイコ)と申します。

双子息子と娘の子育て経験を生かして「くらし、ママ」のコラムを担当しております。

さて、今年も、残すところあと2カ月になりましたね~! 前回までの「衣替え」と並んで、面倒で大変な家事ランキング上位の「年末大掃除」が近づきます!

大みそかは、「紅白」や「ゆくとし、くるとし」を見ながらゆっくり過ごしたいですよね。 年末に慌てないように、そして新年を理想のお部屋で迎えるために、今から少しずつ片付けてみませんか? 今回は、子ども達にも出来る「簡単で、楽しくて、キレイに並べるコツ」を伝授します!

まず、皆さんが、「片づけは苦手」「片付けは難しい」と感じるのは、具体的にはどんな事でしょうか? 本やテレビで見ている素敵なお部屋は、モノが出てなくて、スッキリしていて、ディスプレイやインテリアがオシャレで、モデルルームのような空間を演出してあります。

そんなお部屋に憧れて、「いいな~!うちもあんな風にしたいな~!」と、うっとり眺めていませんか? やる気になってスタートするものの、どこから始めたらいいのか?どうやって片付けたらいいのか?わからなくって、出したモノを、また元に戻す・・・・の繰り返し。

おまけに、ハリキッて買いこんだ「収納家具」や「雑貨」が増えてしまい、もっとモノが増えてゴチャゴチャになって後悔しがちですよね。

でも、大丈夫です!皆さんのあるあるな「お悩みを解決する方法」が、ちゃ~~~んとあります! 年に1度、しっかりとモノを見直したいこのタイミングには、少し時間をかけながら取り組みます。

① 引き出しや棚の1つずつ、空にして並び替えることの繰り返しです。 その場所に、入れたいものの「メイン」を1つ選びます。 例えば、「ペン」を入れると決めます。必要な数も決めて仕分けます。 そのスペースに「ペン」を収納しても、まだ空間が余っているなら「紙類」も入れます。 一緒に使うモノは一緒に「まとめる」のが鉄則です。

ペンと一緒に「レターセット」を入れた場合は、「切手」も一緒に入れてしまうと便利です。 こんな感じで、同じような種類や道具をまとめておくことを「グルーピング」と言います。

思い付きで、何でもかんでも空いたところに収納すると、後で探すのが大変になります。 モノをグループに分けて、収納しておくことを、普段から意識しておくといいと思います。

お子様には、年齢に合った「片づけ」があります。お子様が片付け大好きになるコツは、 遊びの一環として片づけをゲームのように取り入れます。 1歳~6歳(未就園児) 「車のおもちゃを持ってきて~♪」なんて声を掛けて、「1つの種類」を集めて入れていく。 子ども達が大好きな音楽を流して、「この歌が終わるまでに全部持ってこれるかな?」なんて、「イス取りゲームのように音楽を使った「お片付け競争」ゲームにしてもいいと思います。

 

面倒だな、やりたくないなと思うより、楽しいな、ワクワクするな~という流れで、みんなで楽しみましょう! この繰り返しで全部が片付くまで、大人も一緒に手伝いながら、楽しんでやっていくのがポイントです。 「片づけなさい!」ってイライラして言うのではなくて、ニコニコ笑顔で一緒に片づけることで、片づけは「楽しいモノ」片づけは、「お部屋がキレイになって嬉しい!」というプラスな行為になります。

7歳~10歳の小学生以上 細かく分類し、キレイに並べる事も出来るので、子ども自身に考えてもらい、「このおもちゃはどこに置く?」と、1つ1つを適材適所に片づけられるように、きちんと管理が出来る仕組みを、大人が一緒に考えてアドバイスしながら進めていきます。学校で使うモノも自分で管理がしっかりと出来る年齢ですので、机の中の整理整頓も同じ要領で、本人にどんどん任せて、誉めながら、身につけさせましょう。

子どもの頃から片付けのスキルが身につくと、社会人になって困りません。重要な書類を無くしたり、締め切りに間に合わなかったり、片付けや、整理整頓が苦手だと、色々な場面でマイナスです。どんな業種でも身の周りの整理が出来ることが重要ですから、普段の生活から自然に身に付けておきたいものです。

② 基準はシンプルに 並べ方は、色や大きさなど、見てわかりやすいモノで決めて、いつも決まった順に並べるようにします。右から、左から、手前から、など、棚や引き出しのサイズや向きに合ったルールを作って下さい。 中身がわかるように、ラベルを貼ることもお勧めです。誰が見てもわかるように。

③ 必ず元に戻す 一度、決めたら、いつも同じ場所へ、同じモノを戻すことを、しっかりと守ります。 どんなにキレイに片付けても、元へ戻さなければ意味がありません。使わないモノが部屋に散乱して溜まってしまうと、油断してもっとモノが溜まり、片付けがもっともっと面倒になってしまいます。 せっかく時間をかけて、理想の空間を作ったのですから、いつもすぐに元へ戻しましょう。

毎日、歯を磨き、顔を洗うように、一日一回「片づける時間」をルーティンに入れてしまえば、楽です。毎日、出来ない方も、休日を使って週に一度、ゴミ出しの前日、などに片付ける機会を作ってみて下さいね。 早速、今日から「一日一ケ所」 家の中を順番に「空にして、並び替える」だけで、年末には大掃除がほとんど終わり楽です! これからの毎日と、来年も、もっと笑顔で楽しく過ごせるように応援しています!

片づけが上手に出来ると、「心の整理」も上手に出来るようになります。「心の整理」が上手になると悩みが減り、生き方が上手になります。私の座右の銘は「片づけは生きる力」です。 次回は、「年賀状や紙類の整理」をお届けします。お楽しみに♪

Columnist

心幸 恵子
住まいと暮らしの研究と相談窓口
「アトリエココ」代表

資格
●宅地建物取引士、不動産アドバイザー
●宅建士合格家庭教師、就職サポーター
→誰でも受験可能な国家資格で就職支援中
●終活トータルガイド資格(心託コンシェルジュ認定)

ラジオパーソナリティCOCOKEIKO
●「keiko先生のココスタイル」毎週金曜日13時~14時
●「デイライトタイムズ」毎月第1・3㈭16~17時
エアステーションHIBIKI FM88.2Mhz 
リスラジから全国で聴けます
現在、ラジオ番組は二本担当しています♪

略歴、実績
大手建設会社不動産部門、不動産管理会社在籍。
相談2300組、講座250回、業務提携コンサル。

新築、改築、収納システムのプラン作りが得意。
コラムニスト、住宅雑誌、子育て雑誌記事提供。
ラジオ新番組の企画サポート、各ニーズに対応。

研修、講座、講演とブランディングアドバイス。
企業人材育成、不登校離婚危機の解決実績多数。

コラムサンプルテーマ
●子どもが自分で片付る理想の部屋作り
●人生革命!人生を理想に変えるスキル
●人間関係、仕事、プライベート幸せ術

など、すぐに使える簡単なコツを予定

私自身も子育て経験者です。(娘、双子の息子)
愛され親しまれるコラムニストを目指します。

どうぞ、宜しくお願い致します。

以上
コラム一覧
イメージ
イメージ
イメージ