HOME > くらし > 「衣替え」第2弾 ハンガーを賢く使っておかたづけ☆
LA VITA
榎屋
rabi
友枝歯科クリニック

「衣替え」第2弾 ハンガーを賢く使っておかたづけ☆

こんにちは!

住まいと暮らしの相談窓口「アトリエココ」オーナー恵子先生ことCOCO KEIKO(ココケイコ)と申します。

「くらし、ママ」のコラムを担当しております。

日中もずいぶんと涼しく、過ごしやすくなりましたね。

街や山で見かける草花も、だんだんと秋の花や紅葉に変わっています。

夜は秋の虫が美しい鳴き声で癒してくれ、夜空には秋の星座がキラキラと輝いています。

そんな四季折々楽しめる日本には、衣替えという言葉がありますが、皆さん、はかどっていますか?

 

それでは今回は、「衣替え」の第2弾です!

皆さんは、その日のコーディネートはいつ決めていますか?

朝起きて、バタバタと慌ててその辺のモノと着て出て、後から後悔したことはありませんか?

お手洗いに入った時、どこかのショーウインドウに映った自分の姿を見てびっくり(*_*)

上下の色合いやデザインが、合ってなかったり、靴や鞄などの持ち物が合ってなかったり、

朝はお天気が良かったのに、帰宅する頃には急な天候の変化で寒かったり、意外なハプニングもあったりしますよね。

 

たかがファッション、されどファッション、素敵に着こなして、温度調節や、活動にも相応しく、TPOに合わせた着こなしは

けっこう難しいモノです。

そして、そんなクローゼットを開けてみると、着ていないお洋服ばかりで、

「全然着るモノがな~~~い((+_+))」

そんな悲鳴が聞こえて来ます!!!

 

まず、ハンガーを数えて見て下さい!100本以上ありませんか???

ほとんどの方が枚数を正確には把握していなくて、全然持ってないから4、50枚位?

な~~んて思って、かなり勘違いいらっしゃいます!!

が、どうでしょう???ちょっと今から、一枚ずつ数えてみてくださいね(^_-)-☆

「100枚以上はある!」
それどころか、ハンガーだけでも軽く

「100本超え!」ですよね?

数えてみると、その数、リアルな現状を目の前に、ショックを受けるし

なぜ、こんなに持っているのに、着るモノがないんだろう?と不思議に思いますよね?


この様な不思議な怪奇現象?は、ほとんどの方が当てはまってしまいます。

 

そこで、私のお勧めのコツを3つ紹介していきますので、イイとこ取りをして下さいね。

まず1つめ 「すべて出して色分けする」似たモノは数をしぼる。

 

例えば、あちこちから出てくる「ソックス」をまとめてみると、50足以上もあった!
それも、同じ様なモノばかり・・・だったら、この段階で数を決めて絞っていきましょう。

 

例えば、私が子育て中は、スクールソックスは3足組を3セットと決めていました。

学期が新しくなるタイミングで、全てを総入れ替えし、新学期は真っ白なソックスで登校します。

新学期、新年度に、新しいモノを下すと、気持ちも新たになりますよね(*^^)v

 

大人の場合にも、衣類のサイクルを決めておけば、無駄に枚数が増えずに管理が楽です。

そのスペースにあった枚数、ライフスタイルにあった枚数を決めておきましょう。

 

2つ目は、数を決めて残したら「デザイン別に分ける」

ランダムに置いてあると、選んで合わせるのが大変ですから、上に着るモノと下に着るもので分けておき

素材別にも、大まかに分類していきます。スポーティなモノ、ちょっと畏まったシーンで着るモノ、休日スタイルや

お仕事モードのモノなど、皆さんそれぞれのライフスタイルに合わせて、おおまかに分けておきます。

 

3つ目「コーディネート」を考えて「1本のハンガーに組み合わせる」

上下のパターンをまず作って、一本のハンガーに掛けてみます。

そのセットをいくつか作っておけば、朝はサッと出して着る事が出来ますので、かなり楽になります。

男性だったら、ネクタイやベルト、ソックスまで合わせて、まとめて一緒に掛けておきます。

女性の場合は、ストッキングやその他のアクセサリーも決めてそばに置いておくと、身支度が早く出来て安心です。

 

前回の復習にもなりますが、私の場合は、専属のスタイリストさんにアドバイスをもらい、上下とインナーの3点コーディネートを3セット、まとめて購入していました。そのセットは上着を入れ替えても合うので、コーディネートが3×3×3で27パターンの着回しが出来ます。約1ケ月間を全て違うコーディネートで過ごせる事になります。

 

そして、いよいよここからは、ブティックみたいにキレイに整える「衣替え」の仕上げです。

これはもう、とっても、とっても簡単です!

 

ハンガーの数を50本、100本などと決めて、同じハンガーに統一し、ハンガー同士を9センチ間隔で掛けます。

9センチは、名刺の横の幅です。このくらい間隔があれば、型崩れや湿気や擦れて、衣類が傷むのも防げます。

 

ギュウギュウ、パンパンになったクローゼットは、見た目も美しくありませんが、衣類にとっても環境が悪いです。

クローゼットの中も、お天気の良い日は、扉を開けて換気されることをおススメします。

 

空気が動かずに、停滞すると、室内のホコリや汗と湿気がくっついて、カビやシミの原因にもなってしまいます。

昔の人が、「絹の着物」を天日干しをしていたように、大切な衣類は、風に当てて、丁寧に保管したいモノですね。

 

高級店に行くと、空間をたっぷりと取って、一つ一つ、ゆったりとディスプレイしてありますよね。

自宅では全てを真似しれることは不可能ですが、極力意識をすることで理想に近い空間が誕生しますよ!

 

次回は、子どもでも自分で片付けが出来るように仕組みを作るコツをお届けしようと思います。

この春から、入園や入学したお子様も、新しい生活になれた頃ではないでしょうか?

新しい事をどんどん吸収して、成長が早いこの時期に、「片づけ」のスキルもしっかりと身につけば、後々、社会に出ても安心ですね♪

 

今回も、最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スッキリ、キレイになったお部屋で、ココロもカラダも軽く、HAPPYな毎日を送って下さいね~!

 

Columnist

心幸 恵子
住まいと暮らしの研究と相談窓口
「アトリエココ」代表

資格
●宅地建物取引士、不動産アドバイザー
●宅建士合格家庭教師、就職サポーター
→誰でも受験可能な国家資格で就職支援中
●終活トータルガイド資格(心託コンシェルジュ認定)

ラジオパーソナリティCOCOKEIKO
●「keiko先生のココスタイル」毎週金曜日13時~14時
●「デイライトタイムズ」毎月第1・3㈭16~17時
エアステーションHIBIKI FM88.2Mhz 
リスラジから全国で聴けます
現在、ラジオ番組は二本担当しています♪

略歴、実績
大手建設会社不動産部門、不動産管理会社在籍。
相談2300組、講座250回、業務提携コンサル。

新築、改築、収納システムのプラン作りが得意。
コラムニスト、住宅雑誌、子育て雑誌記事提供。
ラジオ新番組の企画サポート、各ニーズに対応。

研修、講座、講演とブランディングアドバイス。
企業人材育成、不登校離婚危機の解決実績多数。

コラムサンプルテーマ
●子どもが自分で片付る理想の部屋作り
●人生革命!人生を理想に変えるスキル
●人間関係、仕事、プライベート幸せ術

など、すぐに使える簡単なコツを予定

私自身も子育て経験者です。(娘、双子の息子)
愛され親しまれるコラムニストを目指します。

どうぞ、宜しくお願い致します。

以上
rabi
榎屋
LA VITA
友枝歯科クリニック