HOME > グルメ > コーヒーの特徴的な成分 カフェインについて
榎屋
LA VITA
友枝歯科クリニック

コーヒーの特徴的な成分 カフェインについて

コーヒーの特徴的な成分   カフェインについて
311

みなさまこんにちは!引き続きコーヒーの修業中。吉田です。

今回は、コーヒーの特徴的な成分 カフェインについてです。特に妊婦の方や、授乳中の赤ちゃんがいらっしゃる方は気になるテーマかと思います。

まず、そもそも「カフェイン」とはどんなものでしょう? コーヒーや、コーラ、紅茶などに含まれる、アルカロイドという化合物の仲間であり、医薬品としても利用されているものです。 その効果は、覚醒効果による集中力アップや、適度な興奮作用や疲労回復、利尿作用など。

よく、眠気ざましや、リフレッシュなどで飲用される方が多いと思います。 取りすぎると、ブラックだと胃が荒れる、カルシウムも尿と一緒に排出される。興奮作用が切れ、憂鬱な気持ちになるといった副作用を経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この作用が、お母さんの母乳を通し、赤ちゃんの体内へ影響すると… ○覚醒、興奮作用で、寝付きが悪くなったり、気分の上がり下がりが激しくなる。 ○興奮状態で、赤ちゃんがリラックスできない などの影響が出る可能性が考えられます。

じゃあ100%、摂取したカフェインが母乳から赤ちゃんへ移行されるかと言うと、そうではありません。母乳を通し、赤ちゃんが摂取するカフェインの量は、飲んだ量の1%程度のものです。1日にマグカップ一杯程度なら、ほぼ、問題はありません。

現在も、コーヒーが妊婦や赤ちゃんにもたらす影響は、沢山の研究がなされています。 では、よく聞く カフェインレス、ノンカフェイン・カフェインフリー、デカフェ この表記の違いに触れたいと思います。

簡単に説明しますと、
○カフェインレス…カフェインが「ほぼない」
○ノンカフェイン・カフェインフリー…カフェインが「ない」
○デカフェ…カフェインが「少ない」

上から、カフェインレスは、カフェインがゼロに近いもの。 ノンカフェイン・カフェインフリーは、もともとカフェインを含まないもの。 デカフェは、カフェインを含むものから、カフェインを抜いたもの という意味の違いです。カフェインレスとデカフェには、多少カフェインがあるということです。

カフェインの抜き方は3種類あり、正式名称は割愛しますが、水、薬品、二酸化炭素、いずれかによる除去方法が取られています。水出しコーヒーも、この部類に入れていいかと思います。 味については、賛否両論あるところですが、例えば妊婦の方で、一杯普通のコーヒーを飲み、寝る前に飲みたくなったらデカフェを…など、目的に応じて飲むといいかもしれません。

カフェインを始めとして、健康への作用など、食に関する情報があらゆる媒体で溢れていますが、過剰なフードファディズムに偏らず、適度にバランスを取って口にすることが大事だと思います。

Columnist

吉田 照彦
北九州市の老舗珈琲店にて、独立に向けて勉強中。

アーティストとして、ソロとバンドでも活動している。コーヒーの魅力に惹かれ、世界中の珈琲豆や焙煎方法を日々研究している。
コラム一覧
友枝歯科クリニック
榎屋
LA VITA