HOME > グルメ > パンの魅力、パンが身近に感じられるようなコラムをお届けします
rabi
LA VITA
榎屋
友枝歯科クリニック

パンの魅力、パンが身近に感じられるようなコラムをお届けします

ご挨拶
La Vitaをご覧の皆様
はじめまして、私は福岡市南区大橋のパン屋(パンドカイチ)、南区玉川町(ブランジェカイチ)のオーナーの二日市祐也と申します。この度、LaVi t aの中で
パンについてのコラムを書かせていただくことになりました。

今回は自己紹介ということで、、、
宮崎県小林市出身。22年前に大学入学で福岡に移り住みました。大学で建築を学ぶ傍らで、博多駅構内のトランドールというパン屋でアルバイトをしたことがパン作りとの初めての出会い。
大学中退後、2級建築士の資格を取り、夢であった建築設計の仕事をするため、就職活動。幾度となく面接で不採用となり、志し半ばで挫折しました。23歳でフリーターはまずいと感じ、とりあえずどこでもいいから就職を、、と考え、パンの経験があるという理由でとりあえずパン屋に就職。
個人店のパン屋、スーパーの中のパン屋、シーホークホテルのパン部門と経験を積んで行くうちに、パン作りの面白さとやりがいに惹かれてそのままパンの道に進んで行きました。就職の動機は不純ですが、就職活動の挫折がターニングポイントとなり今に至ります。

コラムの中では、パンの美味しい食べ方や、余ったパンをひと工夫して美味しく食べる方法、豆知識などなど、堅苦しくない情報をお届けしたいと思います。
パンが身近に感じられるようなコラムにしたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します!
 

Columnist

二日市 裕也
二日市 裕也

パン・ド・カイチ ブランジェ・カイチ オーナー
宮崎県小林市出身

大学で建築を学ぶ傍ら、博多の有名パン屋にて勤務。パン作りの魅力に出会う

就職活動を経て、再びパンの世界へ飛び込み、個人店、スーパー、有名ホテルのパン部門など多くの経験を積み、南区大橋に「パン・ド・カイチ」をオープン。
現在は高宮にも「ブランジェ・カイチ」をオープンし、地元の皆様に愛されながらパン職人としての毎日を送る。

【メッセージ】
コラムの中では、パンの美味しい食べ方や、余ったパンを一工夫して美味しく食べる方法、豆知識などを楽しくお届けしたいと思います。パンが身近に感じられるようなコラムにしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!
友枝歯科クリニック
榎屋
LA VITA
rabi