HOME > ビューティー > 超簡単!本当の靴底の減り方とは?!~外側・内側どちらが減るのが正しいのかお伝えします!!~
友枝歯科クリニック
LA VITA
榎屋

超簡単!本当の靴底の減り方とは?!~外側・内側どちらが減るのが正しいのかお伝えします!!~

本日の内容は、

『本当の靴底の減り方とは?!~外側・内側どちらが減るのが正しいのか!!~』

 

「どのように減るのが普通なんですか?」

 

との声を多く聞きましたので、

今日は意外と知られていない靴底の減り方の記事を上げていきます。

クライアント様からよく聞く

 

「私はO脚だから靴底も外が減るのよ。」

 

「私はO脚だけど靴底は内側が減るのよね。」

 

お気づきですか?

 

 

そうなんです!

同じO脚でも減り方はさまざまなんですよ!!

 

つまり、

 

どっちが減っているから良いとか悪いとかではないですが。。。

 

1つの基準は必要ですね!!

 

今日はその基準をお伝えします。

 

アメリカ足医学の中では 、

靴底の減り方として正常と言われるものは

 

 

靴底を裏からみて

踵中央から45度外側に傾いたライン

 

を想定して そのラインが平行移動して減っていくことが

 

正常の範囲とされています。

それからどちらにラインが傾いているかが

外側が減る内側が減るという基準となります。

つまり

外が減っても45°であれば正常なのです。

6割の方は内側が減っていることが多いのです!!

内側が減ることで考えられるものとして

・偏平足
・外反母趾
・足底腱膜炎
・中足骨頭部のタコや疼痛
・スポーツの子ではシンスプリント

などがあげられます!!

過去の経験でも

右外反母趾の痛みで悩まれていた方がいまして

来店当初、歩行時およびランニング時に

親指のところに疼痛が生じていました。

施術とトレーニングを進めていく中、

 

日常生活や歩行時の疼痛が改善されたため

 

ランニングを再開すると外反母趾の疼痛が出現したのです。

 

問診を重ねるとランニング時の痛みだけで、

 

普段は再燃していない様子でした。

施術を進めて身体機能面はずいぶん改善していましたので、

 

ここで考えられるのは、

 

ランニングフォームの問題か

 

ランニング時のみに装着するランニングシューズの影響です。

 

そこで靴を確認すると なんと!!

両方内側の減りが強いのですが

右の靴だけ内側の減り方が以上に深いのです。

これでは施術によって改善していた身体機能が

発揮できないことがお分かりになられますよね!

 

なぜなら足部環境は

 

建物で言うならば基礎工事にあたるからです!

 

車で言うならタイヤにあたります!

 

どんなに素晴らしい機能性ボディーも

 

パンクしたタイヤの上では十分に機能を発揮できません!

この方の足部に合うランニングシューズを新調してもらい

 

今では疼痛なくランニングを行えるようになりました!!

 

次はなんとフルマラソンに出場されます!!

 

いかがでしたか?

足部環境が及ぼすものは多岐に渡ります!

 

みなさんもご自分やご家族

 

お子さんの靴底をチェックしてみてくださいね!

本来正常に発達していきたい子供の心身も

毎日身につける靴という環境がずれすぎていると

大変なことになるかもしれません。

左右非対称に減ってしまっていると身体のズレは生じている可能性が高いです。

・まっすぐ走れない
・ケンケンが左右均等にできない
・背骨が曲がっている
・集中力がない
・ケガをしやすい
・風邪をひきやすい

これらは
足部環境が及ぼす影響のほんの一部です!

 

 

 

そんな事も足部環境が原因なの??
って事も実は多いのです!

 

 

「今のうちにしっかりと予防すること」

 

何気ない習慣が、

 

皆さんやお子さんの身体に異変を引き起こしているかもしれません!

ぜひこの機会に靴底の減り方チェックもしてみませんか?

 

Columnist

坪井 望
坪井 望(つぼい のぞみ)

・理学療法士
・ナチュラルヨーガインストラクター
・NPO法人全日本足病師協会マスターインストラクター
・キッズシュースペシャリスト

(経歴)
・1979年8月12日 福岡生まれ福岡育ち
・中学~高校まで野球部所属
・福岡大学入学後、ニュージーランドへスノーボード留学
・国家公務員を経て、理学療法士となり整形外科にて勤務
・整形外科退職後、一般企業にて学術部長として勤務。足部の重要性の啓蒙、組織の管理運営・営業業務を行う
・2016年4月㈱ Link Function Projectを創業
・福岡吉塚高宮に理学療法士考案の整体&少人数制ヨガピラティススタジオ『Body Consulting Station KIZUKI』を運営
友枝歯科クリニック
榎屋
LA VITA